恐れを手放療法

こんにちは!

ねぎまです。

最近新しい仕事はじめました。

仕事の研修中は覚えることがたくさん。。。

生活リズムも変わるので慣れるまで時間がかかりました。

やっと落ち着きつつある現在。

そんなことでやっとブログ更新です。

ねぎまの状況は変わらずおりものちゃんがでていますが

その他は変わらず元気です。

元気なのです♪

元気な自分にフォーカスすることが大切。

おりものを気にしちゃいけない。

おりもの出てるから大変。

死んじゃう

みたいな気持ちは持たない。

恐れを捨てるってことですね。

私は生きています。しかも元気に働いて

今できることを一生懸命しています。

ありがとうと心の中でつぶやきます。

死にたくないって気持ちで行動を起こさないこと。

感謝の気持ちから行動すること。

何事もそれが大切なようですね♪

恐れを手放すてますか?

誰でもできるただでできるがちょっと難しい

恐れを手放す療法です♪

病気は怖くない

怖いって思いが体を蝕んでいるのではないでしょうか?

病気は何かを気づかせるメッセージ

体からのメッセージ

ちゃんと受け止めることが大切なのではないでしょうか。

今日も生きている奇跡に感謝

ありがとう♪

ねぎまさんの今

ところで

ねぎまさんの今はというと

5cmの癌ちゃん去年8月に発覚しました。

リンパにも転移しているとのことでした。

それがどうした

くそくらえ

って

なことで

元気に過ごしております。

しかし

毎日のコウケントーでの自分でする民間療法は欠かさず

そして乳酸菌の摂取

そして酵素玄米を食べ

お菓子も普通に摂取

ウンチは理想通りの形&スメルで

毎日1本!!!

糞を見ている分にはとても健康体です。

斎藤ひとりさんも腸を健康にすれば万病が治るって言ってますが

これを信じています。

しかし

子宮から出血&水が出ていて

ナプキンははずせません。

夜は2回ナプキンを替えます。

昼間は暇さえあればトイレに行っている感じ

ナプキンだと伝い漏れがあるので

ナプキンと局部の間にトイレットペーパーを

厚めに挟んでおります。

トイレットペーパーが伝い漏れを防いでくれ

さらにナプキンまで響かないので

そのトイレットペーパーを交換している状況です。

そんな状態が続き

もういい加減

医者いったほうがいいかなと考え始めるようになりました。

自分の中では回復に向かっていると信じているのですが

少し気になるクリニックを見つけ

今の状態を診ていただけるお医者様がいれば

少し考えるようになってきました。

そこのクリニックのお医者様はなんとなく私の話を分かってくれそうなきがしたのです。

あと

今から1か月ほど前に

5cmほどの赤い物体を局部から排出しました。

癌ちゃんなのでしょうか?

レバー状のものやグミみたいに弾力のあるものから

白いもやもやしたもの

いろいろ

排出してきましたが

これほど大きいものは初めてであります。

お見せしたいですが

あまりのグロさに

とてもお見せできません。

見たい方はメッセージ頂ければと思います。

コメント欄は

あまり見ないのでメッセージでお願いします。

そして癌ちゃんを排出したことがある方

いらっしゃいましたら

ぜひともご連絡くださいませ。

ねぎま今の症状

ねぎまさんは子宮頸がん。3か月前癌の大きさ5cmと言われたとです。

リンパ節にも転移がみられ。。。。そんなねぎまの今の症状は

便が出ると膣から血が出ます。

おりものは血が混じったり、黄色かったり、透明だったりで

異臭のする水っぽいおりものが常時出ている感じです。

たまにレバー上のものや

うねうねした白っぽいものが膣から出てきたりしています。

便が出て何か塊が一緒に出てくることが多いです。

それはレバーみたいなものであったり

白いうねうねしたものだったり。。。。

あれは何でしょうね。。。。

癌ちゃんの死骸とかですといいのですが。。。。

特に白いうねうねしたものが気になります。

昨日も太い便と共に出血しまして、レバー状の塊を排出。

結構でかくてびっくりしました。

出血も今日には止まりました。少し出ていますが。。。。

でも私正直言ってこの発酵生活をしてから治っちゃっている気がしているんですよね。小さくはなっていると。。そんな気がしますね。

何を根拠にって思われる方もいるかもしれませんが

根拠ってないですただ直観でそう思えちゃうんですよね。

単なる強がりとも違うんです。

自分の体のことは自分がよく知っているって思えるからこそ言えることかな。。。

 

寒い日が続いてますが

子宮にトラブルがあってもなくても

女子はお腹を温めましょう。

ねぎまでした!

医療難民ねぎま!光線治療を発見する!!!

医療難民ねぎまです!

民間療法の医院に断られ

婦人科クリニックにはもう行かなくなったねぎまは

医療難民というカテゴリーに属するのではないでしょうか?

医療難民か。。。

ちと違うのでなんかいいネーミングを考えてみたいと思います。

さて

全く不安がなくなったんですよね

最初は不安でしたよそりゃ

癌ちゃんは数センチ(5cm)

左鼠径部にも転移の所見があったんですからっ!

もう末期かしら~

このまま病院にかからずにいるとどんな風に死ぬのかしら~

とかいろいろ思いを巡らせたものです。

 

でもふと我に返ると

めっちゃ元気なんですよね

病院に行くと死んだ魚みたいな目になっちゃうんですが

いつもの生活はめっちゃ元気なんですよね

あぁぁ病院はやっぱやめてよかったな~~~って

病院やめるってすべて自己責任なんですよね

自分で決めるって大切だなってつくづく思うんです。

家族や医師にゆだねないすべては自分で決める

病院は嫌いだからもう病院はいかな~~~いって

決めたのでした!

だってこの治療器に出会えたから!!!

その名も。。。

コウケントー

は!?

なんすか?ソレ(;´・ω・)

って感じですがこれはM氏に紹介された光線治療器の名称でございます。

もう90年の歴史があるとのことM氏曰く

戦争でけがをした兵士の傷をこの治療器で治したんだよ。内臓まで温めることができ細胞の修復ができるんですよ

コウケントー 癌

で調べればいっぱい情報が出てきますのでここでは割愛させていただきます。

整骨院などで受けられるとこともあり一度受けてみて治療器を購入し毎日光線を当てるとかなり効くと思われます!

私もオークションで安いものを購入いたしまして毎日当てておりますよ♪昭和初期から使われ今も根強い愛好者がいる光線治療器はホントおすすめです!

左鼠径部リンパ節転移あり

こんばんは。癌ちゃんが大きくなっていたねぎまです。

そのサイズは数センチ(汗)ってことにしておきましょう。

そんなこんなで数年間無治療を続けていたために

細胞レベルだった癌ちゃんは数センチまで成長してしまったのであった。。。。

が~~~~ん

じゃぁどうするってことで

温熱療法を受ける予定だった医院に断られ

そこの医師に紹介された婦人科医へ

内診と細胞診の結果はこちらからは癌細胞は検出されなかった。。。。。

えっ!?

だがMRIでは数センチでリンパ節にも腫れがみられていて

癌ちゃんであることは間違いないとのことであった。

で、この婦人科医はうちで診るには条件が2つあると

それは。。。。

紹介状を書くから放射線を大きな病院で受けてほしい

千葉がんセンターはいかがですか?

もう一つは

幹細胞の検査をして遺伝子レベルの治療を受けてみること

遺伝子をONにする治療なのだといった。

それは日本ではできずアメリカに血液を送って検査が必要であり

120万円かかるといわれた。

毎月この医院に通いサプリメントでの治療は月10万は見てほしい。

今日血液を採りましょう。

と言われ

血液を採らずに帰った

とりあえず120万円のあてをさがしてみます。

すぐには用意できないと思いますのでと伝えた。

 

電車の中

この治療にすがるしかないのか?

すがれないだろ~~~~

だって私もう借金いっぱいしてるし

家族に頼る気は毛頭ないんだ

でもその治療して長く生きれる確率は70%

それを高いとみるか低いとみるか

生きたい!

つうか生きるんだ!

つうか生きている!

死ぬ気はしない。

この婦人科医ともさよならだなって

また自分で頑張ってみるか!!

左鼠径部リンパ節にも転移ありだけど

だってお金ないってことは

自分で治せってことなんだと

しかも放射線治療は受けたくないし

今となっては温熱療法も受けなくてよかったなと思っている。

 

そしてM氏の援助を得て腸をきれいにする米ぬか乳酸菌はじめとする食事療法を始めることとなったのであった。

そして光線治療という摩訶不思議な機械を使った療法もかなり効き目ありでこれも後程紹介しようと思います。

 

 

癌ちゃんでかくなってました

先日3年ぶりくらいになるのか

MRIを受けました。

結果

癌ちゃんでかくなってました。

 

 

がーん

 

 

ってなるのかと思いきや

あっそうですか。

って感じで

やっぱりなっていう気持ち。。。。

ここで普通だったら

三大治療を選んでいくんだろうけど

私はやっぱり違った

何が何でも自力で治すっっ

ってことで新たな旅が始まったのでした。