ねぎま今の症状

ねぎまさんは子宮頸がん。3か月前癌の大きさ5cmと言われたとです。

リンパ節にも転移がみられ。。。。そんなねぎまの今の症状は

便が出ると膣から血が出ます。

おりものは血が混じったり、黄色かったり、透明だったりで

異臭のする水っぽいおりものが常時出ている感じです。

たまにレバー上のものや

うねうねした白っぽいものが膣から出てきたりしています。

便が出て何か塊が一緒に出てくることが多いです。

それはレバーみたいなものであったり

白いうねうねしたものだったり。。。。

あれは何でしょうね。。。。

癌ちゃんの死骸とかですといいのですが。。。。

特に白いうねうねしたものが気になります。

昨日も太い便と共に出血しまして、レバー状の塊を排出。

結構でかくてびっくりしました。

出血も今日には止まりました。少し出ていますが。。。。

でも私正直言ってこの発酵生活をしてから治っちゃっている気がしているんですよね。小さくはなっていると。。そんな気がしますね。

何を根拠にって思われる方もいるかもしれませんが

根拠ってないですただ直観でそう思えちゃうんですよね。

単なる強がりとも違うんです。

自分の体のことは自分がよく知っているって思えるからこそ言えることかな。。。

 

寒い日が続いてますが

子宮にトラブルがあってもなくても

女子はお腹を温めましょう。

ねぎまでした!

癌ちゃんを温めて癒す光線治療

光線治療を今毎日時間が許す限り行っております。

ねぎまです。

そのおかげかとても元気です。体温は常に36.5以上をキープ(寝起きでも)

夕方となれば36.8度以上になっております。

癌ちゃんもちの方は体温が低いと言われていますね。

実際わたしもそうでした。でも今はカラダが常にポカポカ(´▽`)

カラダがあったまると腸の動きもよくなり、腸がよくなるとセロトニンが分泌され幸せ気分になれるようです。

そのせいか私、癌ちゃんもちですが

幸せって感じることが多くなってきました♪

 

照射時間はトータルで1日で多いときは3時間行っております。

私は子宮頸がんですので子宮に当たるように照射します。

陰部から

お腹から

背中から

いろいろな方向から当てるといいようです。

患部だけでなく

光線治療のセオリーからいうとまずは足裏を温めることが大切のようです。

そして膝、膝裏、足首、それぞれ5~10分照射いたします。

その効果は

おりもの(帯下、こしけ)の量が半端ないのです。

その臭いもくさい。(;’∀’)

初めて照射して出てきたおりものはとてもくさかったです。

子宮頸がんですからね。。。

しかも数センチ(5c)ですから

そりゃ出てくるだろうし臭いよね

何も出てこないほうがおかしいだろう!!!!

ということで出てきたってことは喜ばしいことではないのでしょうか(*’▽’)

そして何よりカラダが温かい。

芯から温まります。

カラダが温めることは癌ちゃんもちの方にはとても大切なことです。

お風呂だけでは温めきれないところまで光線治療器は温めてくれます。

寝る前に光線を照射してさらに湯たんぽを布団に忍ばせて寝れば

朝までぽかぽかでいられるのです!!

ぜひ癌ちゃんもちの方にお勧めしたくこの記事を書いております!

そして湯たんぽとネックウォーマーを装着して寝るとホントにぽかぽかです

ぜひおお試しください(^^♪

 

今している3つのこと

もっとはやく会いたかったよ

コウケントーさん

まだ細胞レベルのころに出会っていたら君の力であっという間に完治していたのだろうに。。。

ふと頭をよぎる

恨み節はいけません!!!

ポジティブに考えれば

すぐに治ってしまえば精神的な成長はなかったし

癌ちゃんのおかげでたくさんの知識や出会いを得ることができたんだ。

出会えるべき時に出会うのが運命だし

今出会えたことに感謝だよ

コウケントーさん。

ところで

たまに受けているのが血液循環療法です。

やはり血液が滞っていてはいくら温めていてもだめであると考えています。

体のゆがみを直すことも大切なのです。

米ぬか乳酸菌やハッピーフルーツなどで腸きれいにし、

整体や血液循環療法を受け体のゆがみを直し

コウケントーで患部を温め、身体全体を温める。

今の私3つの治療法です。

そんなにお金はかからないし

病院に行って不愛想な医師や傲慢な医師の話を聞くというストレスがないという

メリットがございます。それでいて効果があります。

その効果はまた次回。

あっ

すべて自己責任ですが。。。

つうか医師は責任逃れのプロだから医師に任せるのも自己責任かな(笑)

ってことで私の今の治療法でした。

 

左鼠径部リンパ節転移あり

こんばんは。癌ちゃんが大きくなっていたねぎまです。

そのサイズは数センチ(汗)ってことにしておきましょう。

そんなこんなで数年間無治療を続けていたために

細胞レベルだった癌ちゃんは数センチまで成長してしまったのであった。。。。

が~~~~ん

じゃぁどうするってことで

温熱療法を受ける予定だった医院に断られ

そこの医師に紹介された婦人科医へ

内診と細胞診の結果はこちらからは癌細胞は検出されなかった。。。。。

えっ!?

だがMRIでは数センチでリンパ節にも腫れがみられていて

癌ちゃんであることは間違いないとのことであった。

で、この婦人科医はうちで診るには条件が2つあると

それは。。。。

紹介状を書くから放射線を大きな病院で受けてほしい

千葉がんセンターはいかがですか?

もう一つは

幹細胞の検査をして遺伝子レベルの治療を受けてみること

遺伝子をONにする治療なのだといった。

それは日本ではできずアメリカに血液を送って検査が必要であり

120万円かかるといわれた。

毎月この医院に通いサプリメントでの治療は月10万は見てほしい。

今日血液を採りましょう。

と言われ

血液を採らずに帰った

とりあえず120万円のあてをさがしてみます。

すぐには用意できないと思いますのでと伝えた。

 

電車の中

この治療にすがるしかないのか?

すがれないだろ~~~~

だって私もう借金いっぱいしてるし

家族に頼る気は毛頭ないんだ

でもその治療して長く生きれる確率は70%

それを高いとみるか低いとみるか

生きたい!

つうか生きるんだ!

つうか生きている!

死ぬ気はしない。

この婦人科医ともさよならだなって

また自分で頑張ってみるか!!

左鼠径部リンパ節にも転移ありだけど

だってお金ないってことは

自分で治せってことなんだと

しかも放射線治療は受けたくないし

今となっては温熱療法も受けなくてよかったなと思っている。

 

そしてM氏の援助を得て腸をきれいにする米ぬか乳酸菌はじめとする食事療法を始めることとなったのであった。

そして光線治療という摩訶不思議な機械を使った療法もかなり効き目ありでこれも後程紹介しようと思います。

 

 

癌ちゃんブログ

癌ちゃんが体の中にいるとわかって

よくやったことといえば

ネットで同じ病気の方のブログを読むことだった

やはり先輩の言葉はしみる

沁みる

克服された方

悪化の一途をたどっていると思われる方

家族からの投稿で訃報を知ることはよくあることだった。

悪化していく一方でもブログを更新していくなんて自分にはわからなかった。

 

たまたま見かけた印象深いブログがあった

一人暮らしの男性、特にブログランキングに登録してるわけでもなく

淡々と日々の様子を書いていた。

おしゃれに小綺麗に暮らしていた様子が画像からうかがえる

週に何回か訪問看護師さんがいらっしゃるようだ。

もうだいぶ前に離婚されたようで一人暮らしをしている

50代後半の男性。

一人で海に出かけたことやそこで食べたものや病院での話

訪看さんとのやりとりなど

たわいもないことが書き綴られている。

自分の死を受け入れ一日一日を大切に過ごされている

そんな印象を受けたブログであった。

最近近所にできたファミレスの話が投稿されていた。

そのファミレスは私も何回か利用していた。

もしかしたらすれ違っていたかもしれないな

同じ場所で違うテーブルで同じ時間を過ごしていたのかもしれないな

あの近所に住んでいたのだなと

思うと強烈な親近感と悲しみに襲われてしまった。

もう何か月も前に更新は途絶えていた。

そのブログの中に印象的な言葉があった

 

『癌という病気は他力本願の病気ではないか

頑張れって言われても何を頑張ればいいのだ』

 

すべてを医者に現代医学に身を任せた

もちろんそれで生還していくものもある。

 

私はそうではないよって言ったって自分で治すことができるんだって言ったってもうこの人には届かない。

それでも

それでも

って思いながらこのブログを更新していきたい。

 

癌ちゃんを親に話すかどうか

2012年12月高度異形成の診断を受け病院通いが始まったわけだけど

2013年2月には円錐切除を受け

同年4月には子宮頸がんとの診断を受けたのであった。

全摘出を勧められたんだけど

やめた。

親にも話さなかった

癌なんて聞いたら

しかも子宮頸がんだよ

親は性病だと信じているから

話す気にはなれなかった。

不安はなかったわけではないけど

親に話したって解決できるわけでもなく

ただ家の中が悲しみに飲み込まれてしまうことが何より苦痛だった。

だからといって自分で癌がどうにかなるものではない

とにかく病院以外で相談できるところを探そうと思った。

高額な免疫治療をネットでよく見かけるけれど

これもなんか胡散臭い。

さぁどうする私?

相談した先は

電話占いであった。

健康の問題について鑑定はしないという占い師もいたけど

何人かの占い師に話を聞いて

治療についての情報を得ることができた。

そして癌ちゃんになってしまう意味を教えてくれた

ただ運が悪かったわけではないこと

自分の日頃の行いが体を痛めつけてきたということ

抑え込まれてきた欲求があること

そうだな

食べ物なんて適当だったし

自分の意志に反して生きてきたよ。

だってそうやって生きていかなきゃ世の中うまく渡れないじゃんとも

思ったけど。

でも結果癌ちゃんができたんだからすべてをリセットしなければいけないんだろう。

でもどうやったらいいのか

やりかたなんて、HOW TO本なんてないんだろう

手探りでやっていくしかない。

まずは得た情報をもとに行動していこう!!!

って決めることができた。

最後に相談した占い師は

言った

「よい旅を!!」

 

ハッピーライフ♪ハッピーフルーツ♪

癌ちゃんが大きく成長していました

ねぎまです。

自然療法を選択し、西洋医学をやめたねぎまの子宮頸がんは大きく成長していたわけですが。。。。

期でいうと4期くらいになるのでしょうか?

やはり間違いだった

西洋医学を選択しなかった私がバカでした。。。。

とは思わず。

カラダ元気でありがとう♪♪♪

と日々幸せを感じながら日々をすごしておりやす。

立派な病人!!!のはずがっ!!!!

毎朝8時~17時まで仕事にでております!!!!

しかも現場作業という結構ハードな仕事

主に建物のペンキ塗りです♪

主のおばちゃんとしゃべりながら楽しくお仕事できてホント有難い!!

暇な時間はカラオケに一人で行ったりして

はたから見れば病人ではないですね。

私がモチベーションを保てるわけは

多分

病院に行ってないから!

だと思います♪

病院に行くとやっぱり気分落ちちゃいますね私でも

癌ちゃん大きくなってもやっぱり自分で治す♪

毎日元気に過ごしているとホント癌ちゃんて何者なのかしらって

癌ちゃんを無理やり愛するとかじゃなくて自然に愛せたらなくなっていくんじゃないかな?

という仮説を立て実証していくのが私の使命なのかもしれないな

 

今日も8時から17時まで仕事をした。

帰りに洗車してピカピカな車になって気分良し!

1200円のフルコースを奮発した♪

仕上げ磨きも丁寧にやりますたよ(^_-)

道すがら「酸素カプセル」の看板が目についた

今度行ってみよう♪

そして家に帰ったら注文した「ハッピーフルーツ」が届いていた

ハッピーフルーツは腸のお掃除をしてくれる強力な乳酸菌が入っているらしく

発案者様の奥様の癌治療のために考案されたものらしいですよ♪

健康への道はまずは腸の大掃除から!

明日どんな便が出るのかな?

朝が楽しみなねぎまなのですた(笑)

喜びからの選択を

 

 

 

癌ちゃんがでかくなってた

という驚愕の事実を突きつけられた私

今までの私がばかだった

自然療法で癌ちゃんは消えないのだ

西洋医学でバンバン叩くしかない。

とは考えなかった。

それ選んだらダメ!だって癌ちゃんが怖いから

西洋医学に突っ走ることになる。

恐れからの選択はいい結果を生まないという。

ただ今までの自然療法は甘かったのは事実だと思う。

だから今までよりストイックに行わなければいかんのだな!

新たな自然療法を模索し始めた。

 

数か月前スピリチュアルな仲間たちと

クリスタルボウルを聴きに

というか

体感しにいきました。

日本一大きなクリスタルボウルの響きに圧倒され

私だけ爆睡しました。

横になりながら体感しましたので。。。(;´▽`A“

そんな話をクリスタルボウルの奏者である

仙人のようなおじいちゃんに癌のお話をしたところ

いい治療法があるからまたここに来るといいよ

いつにする?

かくしてまた新しい扉を開いたのであった

つづく

癌ちゃんにありがとう

 

ありがとう
ありがとう
ありがとう
って
感謝すると
癌が消えるって
聞いたことがあります。

本当に心から癌にありがとう
って言わないと癌は消えてくれない
のではないかな。

癌がなくなって欲しいと思いながら
死を逃れたいという恐れを持ちながら
ありがとうって感謝するなんて
矛盾してないでしょうか?

本当に癌にありがとうって感謝できたとき
癌は消えてしまうのでしょう。

 

癌を癌ちゃんて呼ぶことにしましょう(o^^o)

 

癌ちゃんとの日々は
辛くも刺激的な日々の連続でした。
悲劇のヒロインに陥らず
自分を保ちながらここまでやってきました。

沢山の出会い、別れを経験し
学び、愛を知ることが出来たように思います。

 

だから

癌ちゃん
ありがとう。

砂浴は子宮の病気に効果あり

今年から始めました!

砂浴・砂風呂・海洋療法・タラソテラピー!

海へ徒歩3分というところに住んでいながら

めんどくさい。。。。

気分が乗らない。。。。。

そんな理由で試さなかった砂風呂。

調べましたら

子宮の病にかなりの効果があるとのこと。

女子が砂に埋まるなんて。。。。恥ずかしい。。。

なんて言ってられないある事情により

砂風呂の効果がいったいどんなものであるか

身体を張って調べてみることに

 

私はいつもおひとり様ですので

全身埋まることができませんでした。

お腹から足にかけて埋まりました。

 

8時間ほど埋まるとかなりのデトックス効果が得られるとのことですが

2時間が精いっぱいでした。

 

下半身しか埋まらず、2時間だけの砂風呂でしたが。。。

 

その日のうちに大量の便とアソコから血の塊を排出いたしました。

これはすごい!

暇さえあれば海岸へ行き埋まっています。

 

ある事情とは

癌になって4年。病院から離れ2年半ほど自然療法でこれまで生きてきました。

運よくというか自然の流れで病院にて検査を受けることとなりました。

どんな結果になるのかちょっと怖くなり

砂風呂を試してみることにしたのです。

 

ここ数か月出血が続いている状態。浄化反応と思っていたのですが。。。

 

 

実際検査をするとなると悪い結果が出る気がしてならない。

 

 

じゃぁどうする?

 

砂風呂試してみるしかないんじゃない!?

 

ってことで。。。

 

 

結果とてもよかった!

 

 

ので

砂風呂試してみませんか?

砂風呂体験してみたい方メッセージください。

 

詳細は折り返しご連絡いたします。

 

癌だって自分の一部です。だから愛しちゃお♪